SHIINBLOG

challenge

SNSで話題!今すぐチャレンジしたい美容術やダイエット方法を教える情報サイト

女性ホルモンを増やす方法がある!増やすメリットとデメリットを紹介。

女性ホルモンが増えると、女性らしくきれいになれる、妊娠にも良いと言われています。女性ホルモンとはどんな効果があるのか、分泌量が低下するとどうなるのか、女性ホルモンの増やす方法についてまとめました。

f:id:syufumoni:20160910132208j:plain

女性ホルモンを増やすメリット

エストロゲンの分泌が増えると女性は美容効果があるのでうれしいですよね。プロゲステロンは、体の不調が出やすいホルモンですが、妊娠を望む女性にとってとても大切なものです。

美のホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)

f:id:syufumoni:20160910132232j:plain

エストロゲン

f:id:syufumoni:20160910132453j:plain

特徴

・女性らしい体を作る

・子宮内膜を熱くして妊娠しやすい体へ

・自律神経や感情に作用してくれる

・基礎体温を下げる

1.コラーゲンが多く含まれている

エストロゲンは別名「美のホルモン」と呼ばれています。 エストロゲンが多く分泌されている間は、エストロゲンに含まれるコラーゲンのおかげで肌や髪につやが出てきます。

2.適度な脂肪が付き女性らしい体に

また、皮下脂肪を増やす働きがある為、バストや腰回りに適度な脂肪がついて女性らしい体付きになります。精神的にも安定し、穏やかになって活き活きと過ごすことが出来ます。

3.女性を助ける働き

エストロゲンが多く分泌される時期は、生理周期で言いますと卵胞期と呼ばれる時期で生理開始頃から排卵日頃までの間です。この時期は体調が良い女性が多いのですが、エストロゲンのおかげと言ってもいいでしょう。 エストロゲンはまさに女性にとって嬉しいホルモンなのです。

プロゲステロン

f:id:syufumoni:20160910132511j:plain

特徴

・着床しやすくする

・妊娠継続作用

・体の水分の保持

・食欲増進

・基礎体温を上げる

1.エストロゲンとは対照的なホルモン

プロゲステロンは別名「黄体ホルモン」「妊娠ホルモン」と呼ばれているホルモンです。生理周期で言いますと、排卵日頃から生理開始頃までに多く分泌されます。エストロゲンが女性に様々な恩恵をもたらしてくれるのに対し、プロゲステロンは不調が起こりやすい時期でもあります。プロゲステロンが多く分泌される時期は胃腸の働きが悪くなるので、胃痛や胃もたれ、便秘や下痢などの症状が出ることがあります。また、下腹痛や腰痛などもあります。精神的にもイライラしがちになります。

2.妊娠するために欠かせないホルモン

このように女性の体に様々な不調が起こりやすいプロゲステロンですが、妊娠するためには非常に重要なホルモンなのです。この時期は不調が出てもある程度仕方がないですね。

3.妊娠には

エストロゲンとプロゲステロン、この2つのホルモンのバランスが上手に取られていると、生理周期も整い妊娠しやすくなります。

女性ホルモンを増やす前にデメリットも知る

1.エストロゲンを増やし過ぎに注意

f:id:syufumoni:20160910132659j:plain

太りやすくなったり増えすぎることで逆にホルモンのバランスが悪くなり、月経に異常が出たり、最悪の場合子宮がんや乳がんなどの、女性特有の病気になるリスクが上がったりするのです。

2.プロゲステロンを増やし過ぎに注意

体にあらわれる様々な不調がより強くなってしまいます。

女性ホルモンの増やし方

1.食べ物

f:id:syufumoni:20160910133948j:plain

女性ホルモンに必要な栄養素で代表的なものが、イソフラボン・ビタミンE・ビタミンB6です。イソフラボンにはエストロゲンの働きを補う効果があり、ビタミンEには卵巣の老化防止、ビタミンB6にはホルモンの代謝促進効果があります。

この3つの栄養素が多く含まれる食材をバランス良く摂取すると女性ホルモンの分泌をUPさせるのに効果的です。

  • 納豆・豆腐・味噌・おから(イソフラボン)
  • モロヘイヤ・かぼちゃ・アボカド・アーモンド(ビタミンE)
  • マグロ・にんにく・バナナ(ビタミンB6)

 2.アロマオイル

f:id:syufumoni:20160910134000j:plain

リラックス効果が高く、女性ホルモンを増やすのに効果的です。精油をハンカチに数滴たらして嗅いだり、お風呂に入れたり、マグカップに熱湯を入れても楽しめます。

1.ローズ

ローズは月経不順や月経前症候群(PMS)などの症状に効果があり、ネガティブな感情などを和らげる効果が有るとされています。

2.ゼラニウム

ゼラニウムはローズの香りと似ています。イライラしてしまったり、精神的なバランスの回復に効果的です。また更年期障害などのトラブルにも良いとされています。アンチエイジングにおすすめのアロマです。

3.カモミール

カモミールは、睡眠がうまくとれていないときなどに使用すると、質の良い睡眠が出来るとされています。質の良い眠りをすることで、心も体もストレスなく安定して過ごすことができるでしょう!

女性ホルモンを増し中