SHIINBLOG

challenge

SNSで話題!今すぐチャレンジしたい美容術やダイエット方法を教える情報サイト

男性ががドン引きしてしまう女性の産毛第1位は口元!ヒゲ女子にならない為のケア方法を紹介。

誰もが悩んでいる顔のうぶ毛。女性のみなさんはちゃんと処理してますか?男性が女性のうぶ毛で引いてしまう場所、第1位は『口元』です。今回は顔の産毛を処理するメリットやデメリットを知っていきましょう。

f:id:syufumoni:20160919225048j:plain

男性がドン引きする産毛の場所

f:id:syufumoni:20160919225506j:plain

男性に引かれる “男子がドン引きする女子”ランキングで常に上位にランクインする「ヒゲ女子」。ムダ毛処理は女子の義務、一番見られる「顔」に余分な毛を放置することは言語道断と言われています。

産毛は剃っても良いものなのか?

産毛は早く処理する そもそも顔の産毛は、剃ってもいいのか?時になるところですが、結論からいうと、早く剃ったほうがいいという事です。美容のためなら、顔の産毛は処理して、キレイにしたほうが、顔がキレイになるばかりでなく、ニキビなども出来づらくなります。

剃ったら濃くなるの?

剃ったら濃くなるんではないかと心配になる女性は多いハズです。 正しい方法でうぶ毛を処理することで、透明感のある肌を手に入れることができます。

剃ったら濃くなると感じるのはなぜ?

うぶ毛の剃り方に問題があります。 普通に剃ると、剃った毛の断面は 剃る前よりも太くなります。 伸びて表面に出てくるのは、太くなった断面 なので 毛が濃くなった印象をうけてしまうのです。 毛の太さを左右するのは、男性ホルモンなので 毛を剃るかどうかは関係ないと言われています。

セルフシェービング 注意点

f:id:syufumoni:20160919231045j:plain

石鹸や洗顔料をクリーム代わりにする

洗浄”を目的とした石鹸や洗顔料の上からカミソリをあてると、お肌を守る角質まで剃り落としてしまうので厳禁!

お風呂場で剃る

お風呂場は部屋に比べて照明が暗いのが難点。明るい部屋で鏡にしっかり向き合って行いましょう。お風呂場など湿気の多い所にカミソリを置いておくのも、サビや雑菌繁殖の原因になるのでNG。

毛流れに逆らって剃る

必要な角質まで失うほか、お肌に刃が引っかかりケガに繋がる危険性もあります。

生理中の顔そり

生理中(直前・直後)や肌荒れをしている時、体調不良時は肌が非常に敏感になっておりカミソリ負けしやすい時期。この時期の顔そりは控えましょう。

正しい顔の剃り方

f:id:syufumoni:20160919231102p:plain

剃る前には必ずシェービングクリームを肌に塗布しましょう。これは顔全体を剃る場合も、部分的に剃る場合も同じです。何も塗らずに剃ると細かい傷がつき、肌を痛めてしまいます。柔らかい毛足のはけを水で濡らし、シェービングクリームをとって剃りたい部分に地肌が透けて見える程度にうすくのばします。最初から顔全体に塗ると乾いてしまうので、剃る部分ごとに塗ります。

左頬を剃る場合、カミソリを持つ利き手と反対の手でフェイスラインをおさえて、斜め上後方に肌を軽く引っ張り、産毛を立ち上げます。次にそのままカミソリを上から下へ滑らせて剃ります。刃に産毛がつまったら、都度水ですすいでください。カミソリを肌の上で滑らせるのは1回だけにしてください。同じ箇所を何度もなぞると角質層が薄くなりすぎてしまい、トラブルの原因になります。

出典:http://www.ururu-shaving.com/

 動画でわかる顔の剃り方

youtu.be

理容師シェービングは5割の女性が経験している

f:id:syufumoni:20160919230240j:plain

顔のうぶ毛剃りをしている女性の5割が 理容師のシェービングを経験しているという データーがあります。理容師さんのシェービングが大人気です。 理容師さんのシェービングは資格を持っているから安心です。 実はシェービングができるのは理容師と医師の方のみなんです。最近では、女性専用の顔剃りコースや 顔剃りとエステのコースなど豊富にあります。

電動式のシェーバーで剃る

顔剃り用の電動式シェーバーなら、簡単にヒゲも顔のうぶ毛も処理することが可能です。肌への負担も軽いのでおすすめです。

剃るメリットとデメリットを知る

f:id:syufumoni:20160919230914j:plain

剃るメリット

1.肌が明るくなる

うぶ毛が無くなることによって黒みが無くなり、肌のトーンが明るくなります。

2.化粧のノリが良くなる

肌の表面がつるつるになるため、化粧もキレイに肌に馴染みます。

3.化粧水が浸み込みやすくなる

遮るものがなくなり、化粧水や乳液、美容液などの浸透性が高まります。

4.肌荒れしにくくなる

うぶ毛には皮脂汚れがくっつきます。うぶ毛を処理することで皮脂も取れるため、毛穴詰まりが無くなり肌荒れしにくくなります。

シェービングをすれば、古い角質も一緒に除去できるので顔色がワントーン明るく仕上がりますよ。

 

化粧品の浸透をさまたげる 。顔に生えている産毛が、実はお肌への浸透を邪魔しているのです。また、シェービングで古い角質が取り除かれれば、さらに浸透力も高まってくれるので、より健やかな肌へ整えることができます。

 

化粧のりを悪くし、化粧崩れしやすい メイクをするとき、実はみなさんは産毛の上からファンデーションや下地を塗っています。顔に生えている毛が邪魔して、ぴったりお肌にくっついていないことが多いのです。ファンデの浮きや化粧崩れは、これが原因で起こることも。産毛を定期的に剃ることで、メイクの仕上がりが美しくなります。

デメリット

1.肌トラブルを生みやすい

顔はデリケートな部分です。間違った処理を続けていると逆効果に。また、体調を崩していたり、生理中は肌が敏感になっているので処理しないのが正解。

2.カミソリ負けを引き起こす

肌がすごく乾燥していたり、専用のジェルやフォームをつけずにカミソリで剃ると、肌がカミソリ負けしてしまい、赤くヒリヒリの状態になることも…!

3.紫外線が直撃

うぶ毛は紫外線から肌を守ってくれています。うぶ毛が無くなると太陽の光を遮るものがなくなってしまうので、処理後は必ずUV下地などを使いましょう。

顔のうぶ毛を剃らないメリット

1.毛穴のつまりを取る

2.紫外線から肌を守る

3.熱老化を防ぐ 顔のうぶ毛を剃らないデメリット

4.顔色がくすんで見える 第一に日本人の産毛は毛髪と同じく黒い色をしています。

 

肌を一生懸命に美白をしていても、黒い毛が生えていると見た目も悪く、それだけで顔色もくすんでみえてしまいます。また、顔色をくすませている原因として、古い角質層が表面に溜まっていることも挙げられます。

産毛の処理はは2~3週間に1度程度

f:id:syufumoni:20160919230940p:plain

産毛処理のペース 処理のしすぎもお肌を弱らせる要因!週に何度も…と高頻度で行うと、必要な角質がどんどん削がれ、肌のかゆみや赤み等のトラブルを引き起こしてしまいます。顔のムダ毛処理の頻度は産毛が生える周期(=約20日周期・個人差アリ)に合わせるのがベスト!顔全体の産毛処理は2~3週間に1度程度を目安に行うと良いでしょう。 最も気になる「ヒゲ」の処理も1週間に1度程度に抑えるのが良いでしょう。

 

 

女性は顔のお手入れが大切です。